読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買ってハッピー!StrapBuddyがクーポン知らずの格安価格~!カメラストラップバディアクセサリーの値段です Accessories

今までのように!ブラブラ邪魔にならず!体にフィットした感じが安心感があります。擦過痕程度は覚悟がいるでしょう。diagnlストラップとの相性は良好で!望遠レンズ装着時に特に安定してぶら下げることが出来るのが良いです。

こちらになります!

2017年01月31日 ランキング上位商品↑

StrapBuddy カメラストラップバディ Accessories アクセサリーCamera StrapBuddy (カメラストラップバディ)/ {Camera Accessories} {カメラアクセサリー}

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

赤以外の色もあればよかったのですが。使ってよかったです。同じ金具を無くしてしまったので再度注文しました。ワッシャを追加して水平を維持できるようにするなどして改善をしてくれれば良いのですが。いいですね。長時間歩いていると、ネジ部がゆるんできそうかな〜という不安は若干ありますが、そういう点を自分のアイデアで克服しつつも使い続けたいナイスな商品だと思います。以前からニンジャストラップは愛用していてこの商品は気になっていたのですが!なぜか購入には踏み切れませんでした。HPの画像等では、カメラ、レンズ等少しは制約が有るかと思いましたが、D500に50−500m/mの大型ズームを着けた時が一番安定していました。特に長いレンズの時は助かります。難点は180度自由に回転するスイベルに余分なクリアランスが有るので、僅かに角度が付きボディ底面とカチャカチャ接触します。早い発送で助かりました。大変満足しております。でもやっぱり、ピタッと体に密着していた方が持ち運びやすいんですよね。私の場合はボディケースを付けていますが!その縁と引っかかるのが煩わしくあります。もしくは、この商品の三脚取り付けネジが多段でメスネジ側を有していれば、そのまま三脚に固定できるのだが・・・。しっかりと固定できました。三脚を同時に使えないのはデメリットですが!私の場合は三脚を使うのはごくまれになので気になりません。1年半ほどニンジャストラップを使って、その便利さに大満足していますが・・・・・・唯一の不満は、ストラップを短くして背中に回していると体の熱気で液晶やファインダーが湿ったり曇ったりすることでした。とても使いやすく!大きなレンズもきっちりと下を向いてくれるので!レンズのキズを気にせずに持ち歩きできて助かります。ただカメラ斜めがけしたまましゃがむとレンズが床やアスファルトにぶつかりそうなのでレンズフードはあったほうがいいでしょうね。普通のストラップよりもニンジャとの愛称の方が良いと思います。買ってよかったです。この商品のおかげでNINJAストラップが光るものとなりました。もっと安いと完璧でした。【デザイン】見えないところに使うけどいいね【使いやすさ】今まだ無かったのって感じです【機能性】簡単装着で!高機能【サイズ】お手頃サイズ【その他】こんな便利なものがあることをホームページで知り!一緒に注文しました。左肩にストラップを掛けて(右脇にカメラ)使う場合は!カメラ右側(シャッター側)のストラップを外してこの金具に取り付けるのがオススメです。仕方なくストラップを少しだけ長めに調節してレンズを下に向け、液晶側が背中に当たらないようにしていました。レンズが下を向き、予定通り。ニンジャ・ストラップ(細めのコンデジ用)と併せて購入、ニコンの一眼レフに装着。ただし、三脚への装着時に外す手間と、三脚使用時にストラップがダラリと一本に垂れ下がることになるので不便である。これからフィールドスポーツを撮る機会が増えてくるので!楽しみです。良かったです。ストラップで肩掛けする際に、カメラが下を向いてくれるので持ち歩き安いです。軽い単焦点レンズでもカメラが下向きに保持されるので使い勝手が向上します。でも!このストラップバディーで!唯一の不満が解決されました。買ってよかった!これが底面についていると確かにカメラの平置き(セルフタイマー時)はできないし!三脚設置もめんどうくさいのですが!自分は一眼レフはほとんど手持ち撮影なので問題はありません。ネジと本体は別個になっているので!三脚を使いたい時など!本製品を取り外す時には無くさないように注意が必要です。今回ついに購入して!「なぜもっと早く買わなかったなだ?」って後悔する位に使いやすいです!カメラをたすき掛けした時にレンズが下を向くというのがこれほど扱い易いものだってのは!体験しないとわからないです。可能ならば、通常のストラップ取り付け位置と、この商品の取り付け位置とをワンタッチで付け替えが可能な機構があれば、完璧ですね。また!カメラのワンポイントアクセントにもなります。「ぶつかる」「重い」「じゃま」といったこれまでのカメラ持ち歩き時のストレスがすべて解消されたといっても過言じゃありません。まだカメラ持って出歩いてはないんですがレンズが下に向くのでぶつからなさそうです。。早速使っています。